25年前に張った1枚張り、本革(蛇革)三線の音色

ハイサイ!上江田武信です。個人的なことですが、YouTubeへ投稿したい、紹介した三線ネタが増えてきました。今までは、三線の楽しさを伝える動画が主だったのですが、今は、ソフト面よりハード面で三線の楽しみ方を伝えたいとも思うようになりました。

今日のブログのテーマは

25年前に張った本革三線の音色


本革三線は欲しいけど、皮が破れるのでは?寿命は?などなど、最初は誰もが心配するところではないでしょうか?本革三線の音色を聞くと通しても、いつか破れても本革三線が欲しくなるものです。そんな時に、25年前に蛇皮を張った三線をタイミングよく入手することができました。

くさび打ちだとヘビ革の寿命も長いとよく聞きます。何故ならば、蛇革は縦には強く、横に引っ張ると弱いので、上手く縦横の張り具合、引張具合が調整出来るからです。

このヘビ革は、大事に、大事に、メンテナンスして、どんな音色に成長するのか?見守っていきたいと思うアイテムになりました。

25年も現役の本革三線 1枚張りですが、裏表の皮が良い(上質)革が張られています。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド