古い三線はより古く、または、新しくする。三線リペア。

ハイサイ!上江田武信です。11月の声が聴こえてくると南国沖縄も徐々に秋の訪れを感じます。昨日は、一昨日は扇風機、冷房要らずでしたが、まだまだ車の運転中は冷房を入れています。

そんな沖縄から、今日のテーマは
数ヶ月前に、三線リペアをして、YouTube、ブログに投稿したら、意外な反応があり、友達の三線リペアも行うようになりました。今までは、(私は三線職人でもないので)三線職人さんにお願いしていたのですが、数多く、頼んでいると、いといろなコツもやり方も教えてもらって、後は、自分でやったら?って、言われて、言われるままにやってみると、これがまた楽しい。不器用な私がこんな細かな作業が好きだと自分のことなのに気づきませんでした。

三線リペア、三線メンテナンス


ヴィンテージ三線、三線リペア

三線リペア

リペアするようになって、感じたことですが、古い三線はそれなりに風合いも味わいもあって、音色からも歴史を感じる。うまく表現できないんですけど、新たな私の三線の楽しみが増えてきました。

この動画は三線職人さんにヴィンテージ三線をより古くリペアしたものですが、こんな感じで私も出来るようになりました。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド