三線→ギター→マンドリン→ウクレレ→マンドリン→三線

ハイサイ!上江田武信です。今日は早めに行動をスタートさせました。理由はいろいろあるけど、この1,2週間ブログの更新も毎日出来ないほど時間が足りませんでした。やりたいことも、しなくてはいけないことも沢山あるけど、まだまだ消化不要の日々が続いています。先ずはいつも私の気持ちが焦るのは犬たちのご飯の用意ができていないときです。そんな時に簡単にドッグフードだけ与えたら良いと思うのですが、ドッグフードだけだとほんと美味しそうに食べない。直ぐに食べないから、ついつい、時間もかかるけど手作りのご飯を作らないといけないから忙しい時に困るんですよね。

さて、今日のテーマは

三線→マンドリン、ギター、エレキギター、ウクレレでも沖縄の音色を奏でる


私は三線を始めた頃にマンドリンもはじめました。マンドリンを三線チューニングにして、時々弾いていました。あの時は、マンドリンの弾き方もわからずにほぼ三線と同じ弾き方をしていましたが、マンドリンの弾き方は他の楽器とちょっと違う弾き方をするということを最近知りました。

そして、直ぐにマンドリンは飽きてしまって、次に挑戦したのがギターでした。コードを覚える、Fコードの音が出ない。何度も挫折しては、てぃんさぐぬ花だけは弾けるようになりたくて、時々練習していました。そして、最近の私の動画はウクレレを弾いている動画が多いようにウクレレにハマっています。もちろん、三線も毎日練習していますよ。ウクレレだけ弾いているとツボの感覚がちょっとおかしくなるからです。

さて、一昨日から、ほんと久しぶりにマンドリンの練習もはじめました。これはウクレレ以上に、いえ、三線と同じようにハマってしまいそうです。何故ならば、今まで、今、持っているマンドリンの音色と弾きやすさ、デザイン、カッコ良さ、全てが違うからです。

こんな感じの誰にでも自慢したいマンドリンです。
Gibson、ギブソンのマンドリンでしかもビンテージ物です。
IMG_20170422_143252.jpg

IMG_20170422_143157.jpg

IMG_20170422_143802.jpg

IMG_20170422_143117.jpg

梱包を開ける時に、ケースから取り出す時に、ドキドキしたのは久しぶり?はじめてかもしれません。

開けてみて、2度、3度ビックリ。弾いてみて、4度ビックリ。練習してみて5度ビックリのマンドリンです。わぁ、私は自分専用の三線は安物しか持っていなくて、(後は、販売用なので)一生モノの三線はまだ手にしていません。三線よりも先に一生大事にする、一生大事に弾く楽器がマンドリンになるとはまさかのまさかでした。

マンドリンどうしたの?
って、突っ込まれそうですが、追々、このマンドリンと出会った経緯は後で紹介したいと思います。

私がギターを弾いても、マンドリンを弾いても、ウクレレを弾いていても、思いはいつもあの時のままです。そう、沖縄の音色を、三線を広める為に他の楽器も演奏しているのです。でも、他のいろいろな楽器が三線と同じように好きになっています。

今、気が付きました。2年前も私はマンドリンを弾いていましたね。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド