黄昏れたい気分の夕暮れ時に海へと出かけた

ハイサイ!!上江田武信です。今日は昨日と打って変わって半袖では肌寒い。4月18日は愛犬サンバの命日だったので、気分的には1日、ぼぅーと、そして、サンバの写真や動画をたくさん見る時間も、新たに思い出を新しく作り直したりとそんな時間を作るつもりがなかなかそうもいきませんでした。

そんな中、愛犬サンシンちゃんを誘って、夕暮れ時に夕日を追いかけるように海へと出かけたのですが、曇り空に覆われて見ることは出来なかったけど、黄昏る時間が作れました。

海三線1.jpg

ウクレレ 上江田武信

自分のことだから、自分がいちばんよく知っているというのは大間違いで、一番自分のこと知らないのが自分だと思っている。だから、私は、いつも自分のことを客観的に見るように映像という鏡に映し出して見ています。

肉親を失って、人はどの程度の時間、悲しみ続けるのか?私は母を亡くした時に調べてみた。個人差はあるものの5年~7年は悲しみにくれるとあった。そうですね。母を亡くして、墓参りに行っても、5年位はいつも涙を流していましたからね。

人間と同じように愛犬を亡くした人たちのペットロスという悲しみの時間も同じで、3年の月日が経っても思い出すと悲しくなる。寂しくなるものです。

本当は、天国へいるサンバに向かって、メッセージを送りたかったけど、サンバのことを口に出したら涙が溢れてきたので止めた。

愛犬サンバの命日も終わった。昨日はサンシンちゃんの子供たちの誕生日だったけど、特別なことをしてあげれなかった。だから、今日は、犬たちがビックリするようなご馳走を作ってあげようかなって、思っている。

私は、こんな時間を過ごすのが一番ストレスがフリーになる感じがする。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド