いつもの三線の練習だけど、いつもより楽しくなってきた最近の三線の練習方法 メトロノームを活用する

ハイサイ!上江田武信です。今日の沖縄は朝からいい天気。窓から日差しが入って、「暑いぞ」って、目が覚めました。清々しい朝だ。洗濯物も早く乾くぞって主婦感覚になった麻の目覚めでした。(笑)

さて、連日からメトロノームの記事を書いていますが、メトロノームを使った三線練習方法の動画を撮りました。

メトロノームを使って三線の練習


ギターをやっている人たちはメトロノームをよく使っていると思う。メトロノームといえば、ピアノの上に置かれていて、ピアノの練習ってイメージが昔からあった。では、三線の練習となるとメトロノームを使って、三線の練習をしている人たちは少ないのでは?って、ふと、思いました。いえ、私のように思いつかなかっただけなのかな?

私が三線を始めた頃に受けたアドバイス。メトロノームを使って練習したら良いよって、言われたけど、あの単純なメトロノームなのに使い方が意外とわからなかった。しかし、今は、インターネットの普及で誰かが誰かの為にいろいろな角度からメトロノームの使い方を教えてくれるサイトが多い。メトロノームに興味を持ったら、音楽理論まで絡めて教えてくれるサイトも多い。勉強になりますね。

メトロノームを使ってみた


私が最近、意識しているのは練習なのにマイクも使って。三線の練習なのにカメラも回して。ひとりで三線の練習をしているのに、LIVEをやっている感覚で独り言を言って。そんな練習をしているひとはそうそういないでしょうね?(笑)

まだ、使い始めたばかりなので裏音、表音などリズムが掴めないけど、リズム感がない私にとっては良い練習法になると思った。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド