三線の日、愛犬サンシンちゃんの誕生日

ハイサイ!上江田武信です。(日付は変わってしまいましたが)第25回ゆかる日まさる日さんしんの日ということで、例年だと三線仲間と事前に計画して、さんしんの日を祝う企画をしていました。今年は、ひとりだけど楽しいさんしんの日イベントを頭の中では計画していたのに、これも予定が大きく変わってしまいました。

第25回 ゆかる日まさる日さんしんの日


愛犬たちにちょっと遅い夕ご飯を与えて、1年の中で3月4日は、私が動画を100%投稿する日なのかもしれません。そのくらいにさんしんの日と愛犬サンシンちゃんの誕生日が一緒ということもあり、特別な日なのです。忘れもしない。はじめて、三線の日があると知った時はもうすでに第17回だったような気がする。忘れもしない。はじめて三線の日のイベント会場に行った時のことを昨日のように思い出す。まぁ、動画で記録に残しているというのもあるんですけどね。

あの時の感想。沖縄へUターンしたばかりだったこと。三線をはじめたばかりだったということもあり、沖縄の唄者たちを殆ど知らなかった私。

今年も3月4日正午時報を合図に一斉にかじゃで風節の演奏から始まる。三線の日が近づくたびに何度、私はかじゃで風節を練習しようと思ったことか知れません。でも、今年はそう思いませんでした。三線の日に間に合わせて、今、練習している”沖縄に恋したら”を覚えるのに手いっぱいだったからです。ただでさえ、練習する時間が足りないのにって、言い訳は置いておいて、予定では2,3時間、ゆっくりと時間を作って、一人だけど三線の日イベントをしようと密かに計画をしていたんですけどね。夕方も天気も良かったし、海からライブ配信したら楽しいだろうな?とか、いろいろ考えていたんですけどね。

今年の三線の日は、時間がちょっと足りなかったけど、しっかりと三線の日を味わいました。

どんな感じ?


はい、こんな感じです。

ひとりだけど十分過ぎるほど楽しむことができる三線。一人だけど、三線好きな人たちと思いも、時間も共有して楽しめる三線。

まだまだ100回くらいしか練習していないからミスの連続ですが、三線の日は三線練習動画を投稿しました。本当はいろいろな思いも語りたかったんですけどね。



この8年間、一生懸命に三線の楽しさを広めてきたと自分で思う。ハードよりもソフト面のことばかり語っていたような気もする。

IMG_20170304_130025.jpg

今年の三線の日を機に、三線のハード面も語ろうと思った三線の日でした。

今は亡き、大変お世話になった具志先生の映像を久しぶりに見ました。具志先生は、いつもどこが間違っているという指摘はしなかった。こんな弾き方、こんな歌い方もあるけど、こんなふうにも、こんな感じでも弾けるよって、十人十色を三線の弾き方で例えて教えてくれましたね。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド