指笛を音楽として、楽器として意識してみた。

ハイサイ!上江田武信です。昨日は1日、三線体験や撮影、三線の練習をしていました。1日、生憎雨が降ったり曇ったり。そんな沖縄の空模様でしたが、夕方になると雨も雲も消えて晴れ間が広がってきました。夕陽も見れました。

さて、昨日、初めて思ったことを綴ろうと思います。

指笛も沖縄の音色として、音楽として、体も楽器にする意識で


YouTubeに私は数多くの指笛動画を投稿しています。やってみてわかったことですが、指笛が出来るようになりたい。鳴らしたいと思っている人たちが意外と多いということ。だから、私は、指笛の動画もたくさん投稿してきました。そして、昨日、思ったこと。指笛も三線の音色と同じように、楽器として、音楽として、そんな意識で指笛を練習しよう。鳴らしてみようって、思いました。

そして、なんと、次のアイディア

三線を弾きながら、指笛も鳴らす


三線を弾きながら指笛を吹く、鳴らすことは実際には不可能です。だけど、ちょっとしたタイミングなら三線を弾きながら指笛を入れることが出来るのでは?と、閃いたのです。早速、練習してみようと思いました。

唄の練習よりも、三線の練習よりもそんな意識で指笛の練習をしている動画です。タイミング、間に割り込み方、後は、いい音が安定して出せていない。そんなことが課題ですね。

沖縄に恋したら
作詞・作曲:玉城貞子

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド