想い出に残る三線体験 自分を変えたい。沖縄で何かを感じたい。

ハイサイ!最近、パソコンに向かう時間が取れなくて、パソコンに向かっていても別の仕事が忙しくて、ブログの更新が滞っておりました。三線ネタは沢山あるので追々紹介していこうと思います。その前に、連日行った三線体験の様子から投稿しようと思います。

沖縄を肌で感じる三線体験+城巡り


もう何か月前から三線体験の予約は入っていたけど、いつもの三線体験とちょっと違う希望というか、ニーズを感じたのでいろいろと沖縄に来る前からアドバイスをしていました。

1、沖縄で三線が楽しく弾けるコツを掴みたい。沖縄を肌で感じたい。
2、三線がきっかけで自分を変えたい。
3、余っている時間は城めぐりをしたい。
4、IT発信のことも習いたい。

そんな要望に二日間では応えられないと思ったので事前に電話やメールでアドバイスをしていました。ITが苦手だと言っていたのに、沖縄に来るまでにいろいろと勉強してそれなりのスキルも身に着けて沖縄にやってきた。

IMG_20161217_150757.jpg

15570886_1749477832040797_1370749997_n.jpg

古民家で、美味しいコーヒーを飲みながら、自然の中で1日目は三線体験を行いまいました。三線体験というよりもお互いに犬大好きなので犬の話が多かったかもしれない。(笑)

途中からアメリカ人も参加して、三線の楽しさを教えて、指笛に興味をもっていたので指笛も教えて。そんな楽しいひと時は言うまでもありません。あっという間に過ぎてしまいました。

IMG_20161218_160330 (1).jpg

そして、二日目は場所を変えて、浜比嘉島の海で、パワースポットのシルミチューにもお参りに行って、駆け足で世界遺産の勝蓮城址にも行って三線を弾きました。

IMG_20161218_170848.jpg

IMG_20161218_172354.jpg

私たちが到着した時間の勝連城址はパワーに満ち溢れていました。子供の頃によく遊んだ思い出の場所はもう昔の面影も残さないほど整備されて立派になっています。

子供の頃から慣れ親しんだ勝連城址に興味を持っている人たちがたくさんいることも改めてわかりました。沖縄の文化、歴史、芸能、まだまだ私も勉強不足だ。二日間一緒に過ごして、私のほうが沖縄の文化、歴史について教えられた。

天気にも恵まれて、半袖ではちょっと寒かったけど、また、想い出深い三線体験ができたと思った。

最後の夜は私も気分を良くなってオリオンビールで乾杯しました。

鉄は熱いうちに打て。三線愛も夢も熱いうちに語れ。熱と愛には引き寄せる磁気がある。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド