ディープな民謡酒場 沖縄の(島唄、三線)民謡スナック

はいさい!上江田武信です。一気に予定が詰まって忙しかった週末でしたが、ちょっと息抜きが出来る嬉しい出会いがありました。

沖縄に意外と多いスナックがある。それは、民謡スナック



IMG_20160709_213023.jpg

今年念願の(三線)教師免許を取得して、いよいよ、沖縄愛、三線愛を広めるために、沖縄出身でもないけど、自分が感動した、三線の音色、島唄、三線の虜になった経験も活かして、先ずは、三線体験、先ずは、沖縄の子供たちに三線の楽しさを広めようとその準備をはじめている大喜多さんのお誘いで、ディープな沖縄の民謡スナックと言っても、島唄、三線の音色が引っ切り無しで流れてくる店へ行ってきました。

IMG_20160709_224131.jpgVID_20160709_231739.jpg

店内に入るとすでに、沖縄民謡、三線ファンの方々がステー人上がって、日頃の練習成果を披露したり、あっ、私も飛び入りでステージに上がりましたよ。

いやいや、こんな近くにアットホームな、島唄、三線のプロ級のステージが目の前で、手本のように演奏してくれている店を紹介してくれた大喜多さんに感謝です。

追々、お店の方も(名護市にある)民謡スナック 紺染みも紹介していこうと思います。

その前に、楽しそうに、嬉しそうに、カチャーシの曲が流れると衣装まで着替えて踊るお客様に私は釘付けになりました。

もっと、嬉しかったのは、私がステージに上がると、「いつもYouTubeを見ていますよ」って、動画を撮っていたけど、大丈夫かな?

自分で撮るのは良いけど、人に撮られると照れるものですね?

その時の様子を映像にしてYouTubeに投稿しました。

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド