三線高級撥 ハンドメイド 煤竹の撥 撥音がちょっと違う

はいさい!上江田武信です。先ほど、スコールが降って、その後は、一気に涼しくなって、今は、また、太陽がカンカン照りになりました。

今がチャンスというばかりに新商品の写真を撮っていました。
写真を撮りながらいろいろなアイディアが、言葉が心の中から溢れてきます。

脳ある鷹は爪を隠す


私は三線をはじめてからは爪をとても意識するようになりました。三線をはじめる前までは爪が伸びるのが早いと感じていたのに、三線をはじめてからは夢が伸びるのが遅いと感じるようになりました。

何故ならば、自爪で三線を弾いているからです。今も爪が折れて、伸びるのが遅くて、ピックや撥で弾いています。いつものことですが、ピックを忘れたり、無くしたり、撥を落としたり無くしたり。

そんなことを繰り返していたら、いつの間にか、自爪が一番いいってことになりました。しかし、やはり自爪は私の場合、2か月で折れて、伸びるまでに2か月かかる。それが私の悩みでした。

うちのワンちゃん達の爪が伸びるのが早くて、生後2か月なのにもう2、3回爪切りしています。
IMG_20160624_220749.jpg

能ある鷹は爪を隠すというけど、この撥は、爪は人に見せたくなる撥です。自爪派の私でしたが、これなら撥派に戻りそうです。

使ってみての感想は動画で、撥音も紹介しながら撮ろうと思います。

その前に写真を紹介したいと思います。

ハンドメイド 煤竹で作った高級三線撥


もう爪(自爪)が折れても、心が折れない限り大丈夫だ



改めえて煤竹の撥を紹介したいと思います。

7093870431_1939448530_n.jpg

5_135218.jpg

13510492_863230070448800_460820572_n.jpg

22.jpg

4453.jpg

13521154_863230073782133_1175925178_n.jpg

bati134849.jpg

nouaru4520.jpg

nou134716.jpg

7093870431_1939448530_n.jpg

5_134912.jpg

撥を手にした感触、感覚が既製品や従来の撥と全く違う。撥を弦に充てる角度、強さ、弱さでいろいろな撥音が出るぞ。うーん。なかなか脳を使うバチだな?って、感じです。

慣れると今まで出せなかった撥音が出せるような気がする。

この撥の写真を撮りながら、次のアイディアが生まれました。撥を無くさないアイディアと、人に爪(撥)を魅せて自慢したくなる愛ディアです。(笑)



早く動画で撮って音色を紹介しますね。しばし、お待ちくださいませ。

4_220209.jpg

後程、販売価格を呼夢三線店のWebサイトに紹介しようと思います。

呼夢三線店
呼夢三線店通販サイト

この記事へのコメント

スポンサードリンク

おススメの三線


自社広告・呼夢三線店の通販サイトはコチラデス 全国の三線ファンの皆さん、バージョンアップした特殊加工カラクイを使用した4つの音色が楽しめるエレキ三線線を紹介しています。良かったら見に来てくださいね。 エレキ三線

タグクラウド